scrap
cowgirlf.exblog.jp
Top
2011年 07月 02日 |
や~っと休日に美術館やら博物館に行ける日々!

一体何をどのように展示するんだろうかと気になっていた東博の「ブッダ展」。
う~ん…やはり…。
でもこんなファイルを買ってしまった。
オモテ、ウラ。これ凄いよね。持ち歩きます。
a0069270_23285338.jpg

a0069270_23292252.jpg


常設展はすっごく面白かった。
ぼーっとしてたら尾形光琳の硯箱があってたまげた!得した気分~。


で、また先日は近美の「クレー展」へ。
平日の午前中でもなかなかの混み具合でした。
小さい作品が複雑に並んでいて迷子になりそうでしたが、面白かったよ。
あんな色彩感覚欲しいなぁ…。
もっともっと描きたい絵があったんだろうな。


ということで。
地震直後の出掛ける元気がなかったころに描いた絵に色をつけたよ。
クレー風に(笑。私的にはクレーのイメージなんだよ。
a0069270_23365586.jpg

[PR]
# by cowgirl_f | 2011-07-02 00:14 |
2011年 06月 29日 |
a0069270_20102159.jpg

29歳になりました。

お祝いありがとうございました。
我が家も北欧っぽくお洒落になったり、日本の伝統工芸にうっとりしたり、良い香りを楽しんだりと素敵な空間になっています。

誕生日前日は夏至。
太陽の力が一番強くなるこの日が大好きなので、朝からウキウキしてました。
休日だったので博物館に行ったり用事を済ませたりと動き回り、
夜は静かに自分を見つめ直そうと決めていたのに、部屋で電気を消してキャンドルだけにしていたらいつの間にやら寝てました。
見つめ直せず。

翌日のお誕生日は普通に仕事に行き、最近通っていたマンガ喫茶へ行き3時間真剣に漫画読んでました。
一年に1・2度どうしても漫画を読みたい時が来るのです。

よし帰るかと席を立ったら、良い感じに酔った友人からメール。
近くにいるから行くよという事で待ち合わせ。誕生日が終わる30分前に会えました。

たわいもない話をしていたのですが、
気がつけばなんとも言えない素敵な話になっていて、私と彼女のお互いの成長を感じたのです。

ただ好きな事をやらせてもらっているだけなんだけど、これって心に届いたってやつじゃない?
人の気持ちを動かしたってことじゃない?
それって本当のアートなのでは…。

えーそうかーとドキドキしてたら、午前中に職場で行われた映画のロケの事もイケメン俳優の事も吹き飛んでしまったよ。


日々精進です。
無駄とも思う退屈な日常を積み重ねる事だけがくれる力にちょっと気づき始めたよ。
他にもね、ちょっと色々と気づきだしたんだよ(笑。

良い誕生日だった。
じわじわ染みてくる。

と今頃になって吉祥寺で振り返っています。
お茶美味しい。
[PR]
# by cowgirl_f | 2011-06-29 20:10 |
2011年 06月 22日 |
最近不思議に思ったこと。
植物もお花も生物。だから命がある。
動物とは仕組みが違うけれど同じく命があるのです。

a0069270_0313697.jpg


なぜ。何も言わないし、動かないし…なのに、どうして死んだっていうのが分かるんだろう。


a0069270_0315221.jpg

もちろん、パサパサになったり茶色になったりと見た目で枯れたのが分かるのはもちろんなんだけど
毎日水替えをして、一本ずつ手にとってダメになったお花を捨てていると
なぁんか分かるのですよ。
見た目は変わらないけどもう命がないなっていうのが。

a0069270_032578.jpg


あれは何なんだろう。

花屋では無意識にルーティンワークとして選り分けていて、そこに何の疑問もなかったんだけど。
ある時ふと気になってしまった。

土や根から切り離された時点で命のカウントダウンが始まっている花たち。
それがきれいに並んでいるのが花屋か。
と、思うと死を待つ人の家のマザー・テレサにでもなったような気分。
考えすぎだけど…、そんな気持ちで花に接するのは悪くないと思う。


「触れると感じる魂の重さ」 みたいなものがあるのかな。


栄養の取り方も成長の仕方もぜんぜん違うのに、同じく命。
不思議だ。

きっと宇宙人も会ってみたらそんな感じかも。
[PR]
# by cowgirl_f | 2011-06-22 00:58 |
2011年 06月 14日 |
暗闇カフェで大変お世話になったヴォーカリストの上畠さんは、歌の教室を主宰しているのです。
阿佐谷でも新たに教室がオープンし、看板の隣に飾れるようなリースをと注文をいただいていました。
結構前に…(笑。

やっとできたよー。
歌のレッスンなんだからキラキラにしないと!と思っていたらこんなにもモリモリしちゃったよ!
a0069270_1912419.jpg

ずっと飾れるように、そして華やかに、ということで今回はアーティフィシャルフラワー(造花)を使いました。
リクエストにお応えして、ト音記号の形になっています。

折角だからピアノの上で写真を、と。ツーショット。
a0069270_19203356.jpg


スタンウェイだよ!と言われても全くその価値が分からなかった残念な私ですが、値段を聞いて驚き
ロゴを入れて再度撮ってみる。
a0069270_19231947.jpg

リースだけボケた!

今週末には生徒さんたちも参加するヴォーカルセッションがあるそうな。
モリモリリースも片隅からエールを送ります。
[PR]
# by cowgirl_f | 2011-06-14 19:31 |
2011年 06月 12日 |
報告遅くなりました!

cafe SLOW 暗闇カフェ Live Arrangement~Music×Flower Session 無事終了致しました!
a0069270_23503448.jpg

まさかの満員御礼!みなさまどうもありがとうございました。


日も落ちて。
上畠尚子さんの歌と鼓緒太さんのピアノによる第一部。
a0069270_23405157.jpg

キャンドルの炎が揺れる、清らかに澄み切った空気。

その空気を壊さぬよう…、楽しいと元気を伝える為に花たちも登場しました。
a0069270_2345125.jpg

歌とピアノに合わせて贅沢に。
a0069270_021526.jpg


a0069270_23464654.jpg


a0069270_23522760.jpg

こんな感じで完成。
自分でもどうなるか楽しみだったのよ。このライブ感!

「普段、被災地への支援活動や応援をされている皆様が、この日は、皆様自身の心にプレゼントを、
自分にご褒美を与えて、元気を増やして頂きたい」
お二人のそんなメッセージ。花たちはお役に立てたでしょうか。



いつも汚い格好で裏に隠れてしている仕事が、表での表現手段になろうとは。
目には見えない音楽とセッションなんてできちゃうとは。

私にとっては気がつけずにいた物事が急に見え始めた暗闇でありました。


最後にこの花たちを皆さんに配るとき、私の「では、もうアレンジ崩しますよ~。」に対して
「え~!」と声を合わせていただいたのがとても印象的でした(笑。
タモリになった気分でした(笑。


ほんの数日でも、各お宅に広まったあの花たちが楽しい気分を引き出していたらいいな。


そして、以上の写真を撮ってくれた朝賀ちゃん どうもありがとう!
とっても素敵です♪クリックして大きなサイズでご覧ください。

(ではついでに。
http://30d.jp/asaga/1
合言葉「ジュンドルキャン」でその他の写真も見られます。)

上畠さん、鼓緒太さん、見に来てくれた方々、そして応援してくれた方々、皆様どうもありがとう!!

とっても楽しかった!
[PR]
# by cowgirl_f | 2011-06-12 00:22 |
ページトップ
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Dia Skin by Sun&Moon