scrap
cowgirlf.exblog.jp
Top
<   2010年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧
|
|
2010年 02月 18日 |
新作というほどでも何でもない陶芸第2弾。
分厚くしちゃったのででは花器に、とただの練習で何も考えずに出来上がった作品ですが、釉薬をかけるとそれっぽく見えちゃう、初心者ゆえの幸せ。

ヒヤシンスを入れたらいいかも!と言ったら、さすが花屋だね!と言われてしまったので
宣言通りに活けてみました。
a0069270_20334469.jpg


トルコマットの釉薬は薄くかかることもあると言われたので、
バケツの下に沈殿していたものをこれでもかとほじくりかえしてべっとり掛けてみてよかった。
a0069270_2034016.jpg

ギリギリで垂れずに止まっている。
何だか美味しそう。

は!自分で作った花器に花を活けるという夢。
ちょっと実現してる!

おまけの今朝の上水通信
[PR]
by cowgirl_f | 2010-02-18 20:50 |
2010年 02月 17日 |
そして東京近代美術館にウィリアム・ケントリッジ展を見に行きました。
ありがたいことにとある方にチケットを頂き、よくわからないまま行ってきたのですが
噂どおりとっても面白かったです。
まぁ絵がうまい。ほぉぉぉ~とうっとり見てきました。
映像とその原画がメインだったのですが、まず絵がうますぎて心地よい。

南アフリカ出身でいろいろな社会問題がテーマなので、
心をえぐられるような内容なのだけど、押し付けがましくないというか。
心に刺さるけれど落ち着いて考えさせられるような作品だなと、私は思いました。

信念を持って制作しているんだろうな。
素敵でした。格好いいおじさんだ。


映像のDVDも販売していたので欲しかったのですが、日本では見られないやらパソコンもなんだかというものなら見られますやらとあったので、挑まず。
そうしたらyoutubeに。そんな時代でした。

[PR]
by cowgirl_f | 2010-02-17 17:37 |
2010年 02月 17日 |
先日美術館へ行く途中に発見しました。
竹橋にある某新聞社の地下にあった喫茶店です。

とにかく青かったです。壁の模様がレトロで可愛い。
スーツのおじさんだらけです。
a0069270_140239.jpg

オムライスを頼みました。ケチャップの渦巻きが怖い。
ランチはスープかミニラーメンをつけるか選べるのです。勇気がなくて…。
a0069270_1405091.jpg


リゾート風なのかな?
a0069270_1412415.jpg


が、その下には無数の居酒屋メニュー。
「5時からは居酒屋になります」と張り紙が。
商売っ気がある。需要にお応えしたのか。まぁそれもいいよね。
花柄のワンピースにつけまつげでここでビールもいいかもしれない。
a0069270_1414748.jpg


隣の席での上司と部下による
「天気予報の『前線』って低気圧と高気圧がせめぎあっているから前線っていうんだって。戦争とかの前線って事だよ。知ってた~?俺40何年生きてきて初めて知ったよ~。」
「あ、はい…。」
という会話と微妙な空気が忘れられません。
a0069270_142487.jpg

ご馳走様でした。
[PR]
by cowgirl_f | 2010-02-17 14:17 |
2010年 02月 17日 |
YUKIちゃんの新曲可愛い過ぎるね。春だわ~。
つられて浮かれています。

しかし、現在2月は冬ど真ん中。
12月1月はクリスマス、お正月とイベントがあって何とか楽しく乗り切れますが、2月はねぇ。寒くて暗いです。
バレンタインがあるか…。あの一日だけではたいして…。

東京の真冬の魅力を探したい、と思って歩いてみました。
a0069270_9452763.jpg

見上げると、葉なんて一枚もついていない芯だけになった森がありました。
これは冬しか見られない景色。格好いいかも。
生きるとは…と思い悩む文学者になったつもりで暗い森(本当は玉川上水)を歩くと
ちょっと楽しかったです。これだな。

今年は雪がよく降るおかげで例年よりも少しだけよい冬な気がします。
田舎に住んでいるおかげで、雨だか雪だかわからないものではなく、ハラハラとゆっくり降りてくる大粒の雪が降ったりします。
よし、君は雪と認めよう、と必然的に高校生くらいの事を思い出したりしながら帰る道のりは、
今だからこそ寒くても辛くないのです。

そうそう、
[PR]
by cowgirl_f | 2010-02-17 10:02 |
2010年 02月 07日 |
写真は昨年のクリスマスイブの更に前日。
残念ながらデートではありませんが、シャンパンで乾杯の素敵な夜でした。
a0069270_0323073.jpg

西森さんの個展中、西森さんの友人と一緒にお話する機会がたくさんありまして久々に学生気分?を味わいました。美大の雰囲気。
「ジレンマ」そして「心が溶けていく」感じ。それにしても、すぐに心開けるのはなぜかしら。
知らないところにもたくさんこういう女の子達が潜んでいるのだね。
悩みは根本的に変わっていないけど、こんなにも笑って話せるなんて
みんな大人になったものだなと、ほぼ初対面なのにそんな事を思ってしまった。

1月はずっと疲れをひきづり、お休みも少なかったので
お洒落して街に出られないじゃないか!と悶々とした日々でした。
やっぱり私は働くより遊びたい。
それでもフラフラしながらワタリウム美術館にルイス・バラガン展は観に行きました。
疲れて休んでいた時期があったことにほっとしたり、「建築はアカデミズム、庭造りは感情の表現」だから庭造りが好きだよ、みたいな言葉に物凄く共感しました。ドキドキしながらモノを作るほうが楽しいよね。「感情」を表現したいもの。
そしてモノが溢れている都会の真ん中で再現された壁とテーブルと椅子とお皿だけのバラガン邸は
デザインが素敵なのはもちろんの事だけど、それ以上にああこれは幸せだな、と思いました。
[PR]
by cowgirl_f | 2010-02-07 00:59 |
2010年 02月 03日 |
節分の今日はお休み!

まず国際展示場へありとあらゆる業種がそろった展示会を見に行きました。
私は一応将来のために色々と下見のつもりだたのですが、妹はただ付き添い。しかもこの後の用事のために付いて来ただけ。
そんな中趣味のスーパーボールを卸している会社を発見。
スーパーボールをじっくり見て「今、販売はしてないんですよね?」と聞いたら「あげますよ」とひとつもらっていました。珍しいスーパーボールゲットです。
カタログも貰って「絶対発注するわー」と息巻いていました。

その後、節分にお休みという偶然にこれは行くしかないよねと豆撒きに参加してみました。
テレビでよく見る芸能人とかが高いところから豆を撒いてるあれです。
かなりの人!警官もたくさんいてアナウンスで注意事項が何度も繰り返されていました。
「飛び跳ねないこと、しゃがまない事、夢中になりすぎない事」夢中になりすぎない事(笑。

集まっている人は大多数が地元の人と思われます。
誰が来るから…ではなくて今年も行くか-!節分だからー。くらいの感じなんでしょうね。
またひとつ知らない文化に触れた。
面白かった。

肝心の豆ですが、目の前に長身のお兄さんがいたりしてなかなかにキャッチできず。かなり難しいよ!
しかし奇跡的に私の胸のあたりにバシッと飛んできたものをひとつゲットー!
そして足元に落ちたものをサッとしゃがんで反則ゲットー!これは妹にあげました。
反則ですが、誰にも迷惑かけずにできればそれはOKなのではないかという判断です。a0069270_051979.jpg

どうにか二人ともゲットし楽しい節分となりました。
夢中になりすぎてジャンプして私の頭に何度もぶつかってきたおじさんには至近距離からにらんでしまったけど。

今、豆食べています。隣にいたおばさんが言っていた通りにキャラメルもひとつ入っていました。
春よ来い!
[PR]
by cowgirl_f | 2010-02-03 23:58 |
ページトップ
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Dia Skin by Sun&Moon