scrap
cowgirlf.exblog.jp
Top
知床以外
2011年 09月 06日 |
知床以外の写真も。

何かの雑誌(きっとANAの翼の王国)で見てずーっと行ってみたかった野付半島へ。
a0069270_0383579.jpg

野付半島、全長28kmの日本一長大な砂嘴。
今では半島の途中までしか立ち入れず、ただただ広がる大自然!といった感じですが、江戸時代にはキラクと呼ばれる街があったそうな。遊郭まであり、今でも当時の食器などが出てくるらしい…。
半島自体の形といい、幻の街キラクといい、想像をかきたてる場所です。

a0069270_0382946.jpg

a0069270_0383234.jpg

風景も不思議。ああ、気になる。

その後は中標津の開陽台へ。
a0069270_0382073.jpg

330度のパノラマ。水平線も地平線も見えたよ。
このあたりが私が生まれて最初に住んだ辺りらしい。本当に何も無かった!ネットも無い時代、私とずっと家にいた母は大変だったことでしょう。
このあたりのお土産屋は牛グッズが多くテンションあがりました。が、控えめにハンカチを購入。

そして勢いで摩周湖。
a0069270_038520.jpg

初めて見た摩周湖。「霧の摩周湖」って言うんだから霧がかかっているのが綺麗って事だと思い込んでいましたが、霧が多くて見えない日が多いから見えたらとラッキーだよ、なんだね。
超ラッキーでした。
真っ青!
あの雰囲気はなんでしょう。神秘的。
近づくんじゃないわよって言われているようでした。実際近づけない地形になっているしね。
湖に性別があるとしたら摩周湖は絶対女性。

と、一泊二日とは思えない旅程で未知なる道東をめぐってきました。
自然は偉大だ。この中で暮らしてるんだと当たり前のことに気づきます。
なぜ、自ら選んでこんな自然の無い所に住んでるんだか。と東京の自室にて。

あ、そうそう。
もうひとつオススメがあります。網走の北方民族資料館です。
ここではアイヌだけでなく、北極を中心に見てその周囲に暮らす民族の文化を紹介しています。
北極を中心に世界地図を見たことがなかったので、まずそこで驚き。
北欧、アラスカ、ロシア、北海道と言われると、人種も文化も全く違いそうなのに
北を中心に見るとみんなご近所さんでした。文化も共通点が多くて楽しかった~。
ここは超オススメです。かなりはしゃいできました。

今回の帰省では阿寒湖や白老にも行き、アイヌの文化に触れてきました。
ちょっとだけど刺繍も習ってきました。衣服のあの模様が大好き。
いつかチクチクとやりたいな。作り方の本だけはたくさん買ってきたから!
[PR]
by cowgirl_f | 2011-09-06 01:17 |
<< 長いこと続いたなぁ ページトップ 知床 >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Dia Skin by Sun&Moon